IgA腎症とは

IgA腎症の症状

腎臓とは、老廃物を「ろ過」する臓器です。料理で、小麦粉をふるいにかける経験をされた方は多いと思いますが、腎臓はあのように、細かい網目のようなものがあって、血液が流れる圧力(血圧)によって、老廃物がろ過され、尿の中に混ざって排泄されます。

IgA腎症とは、なんらかの理由でIgAと呼ばれるたんぱく質の一種が異常に増え、腎臓にある網目がふさがってしまい、ろ過ができなくなってしまう状態のことを言います。その網目(糸球体:しきゅうたい)は、腎臓一個につき100万個ありますが、この内どれぐらいの糸球体が、「IgA」によりふさがってしまったかによって、病気の進行がわかります。

しかし、例えば30%の糸球体が機能しなくなったとしても、残りの70%の糸球体が頑張って働いてくれるので、検査結果・自覚症状共に異常がない事が多いのですが、50%を過ぎたあたりから、残りの糸球体ではカバーしきれなくなり、身体がだるい・尿が出づらい・貧血などの症状が出始めます。IgA腎症は前述の通り、

よほど進行しない限りは無症状である事がほとんど

なので、「患者様が病気を疑って病院へ行く」という事例はほとんどありません。職場の検診や学校などによる検尿にて、蛋白尿・潜血尿(尿中の中に血液が混ざっている状態)が発見され、腎生検という精密検査(腎臓の細胞を採取して調べる事:別カテゴリーで詳しく説明します)の結果IgA腎症と判明される事が多いです。

職場や学校の検診は、たいていの場合年1回行うので、異常が発見された時点ですぐに精密検査を受けていれば、病気を放置していた期間は最大でも1年なので、悪化している確率は低いのですが、よくありがちなのが、検診で異常が発見された場合でも、「仕事が忙しい」「めんどくさい」などと、長期にわたって放置した場合です。

このように、治療を受けずに何年も放置している間にどんどん悪化していき、いつしか「身体がだるい、動けない」と自覚症状が出始めた頃にやっと病院へ行くと、既に透析治療が必要な状態だった、という場合が多々あります。

IgA腎症について