特殊な治療法「扁桃腺摘出術」について

扁桃腺摘出術の費用

前のカテゴリーで、「腎生検」の入院費用について触れましたが、料金がかかる項目については、それとほぼ変わりません。

・食事負担金

・室料差額
(例:4人部屋で差額なし、2人部屋で差額1日5000円、特別室で差額1日1万円)

・病衣料

は一緒で、後は「手術自体の費用」となります。私の場合は、当時19歳だった為、親が会計をしましたので、詳しい明細などはないのですが、全部で確か20万程度だったはずです。

ただ、「腎生検」と違う点は、術後の経過によって、入院期間が大幅に変わることです。私は全部で1ヶ月程入院しましたが、ネットで経験者のサイトを見ていると、「1週間程度で退院した」と言う方も多くいらっしゃいます。

もし室料差額のある病室に入院していたのなら、(差額分費用)×(入院日数の違い)によって、入院費用は大幅に変わってきます。扁桃腺の入院日数と手術費用について、アンケートをとっているサイトを見つけました。

扁桃腺摘出手術アンケートひろば

このアンケート結果を見ると、入院期間に関しては、1週間~2週間、入院費用が大体10万~20万が多いようですが、このページを見ていただければ解りますが、個人個人の入院期間・手術費用は、共に様々です。

上記サイトは、扁桃腺についてとても詳しく記されているので、扁桃腺摘出術を行う事を考えている方は、全てのページを見てみると良いと思います。

また、「腎生検」のカテゴリーでも記述した通り、「高額医療費」制度がありますので、前述した「社会保険庁」のサイトを読んだり、わからなければ直接区役所・市役所に問い合わせれば、一部返金される手続きが踏めると思います。

IgA腎症について