IgA腎症の診断に必要な検査「腎生検」

腎生検の費用

「腎生検」の費用と言うより、皆さんが知りたいのは「入院費用」だと思うので、まずは、腎生検の費用を除いた、入院にかかる費用で思いつくものを以下に記したいと思います。

・食事負担金

・室料差額
(例:4人部屋で差額なし、2人部屋で差額1日5000円、特別室で差額1日1万円)

・病衣料

上記で一番大きいのが室料差額ですね。本当は「差額なしの部屋でいいから安く済ませたい」と言うのが本音だと思うのですが、病院の都合(「空いている部屋がそこしかない」、「腎生検を病室で行う為、大部屋は避けたい」)などの理由で、室料差額のある病室に決められてしまう場合があります。

食事負担金は、一食大体700円×自己負担30%=210円3日入院したとして、9食、1800円程度です。

病衣料は、普通は一着いくら、と言う感じなのですが、100円にも満たない病院がほとんどなので、出費として換算するほどでもないです。

そして、一番重要なのが、「腎生検」による「検査料金」です。これは、本当にザックリですが、自己負担が6万ぐらい、と思っていてそんなに誤差はないです。

ですから、入院費用の総額は、入院期間3日、室料差額1日5000円の病室に入院したとすると、検査料6万+食事代1800円+病衣料300円程度+室料差額3日分15000円=約8万です。

また、入院費が高額になって、負担が大きくなる方達の為に、「高額医療費」制度というものがあります。1ヶ月にかかった医療費が、ある一定金額以上の場合、申請すればお金が戻ってくる可能性があります。

社会保険庁のホームページには「高額医療費」の説明があります。腎生検をこれから受けるかもしれない方は、一通り読んでおくと良いかもしれません。

ただ、説明文が少々難しいので、解らない事は、管轄の区役所・市役所などに聞くと良いと思います。

IgA腎症について